日本ピラティスアカデミー

ピラティスをはじめ 続けるために 最も大切なことが学べるアカデミー

ピラティスについて About Pilates

ピラティスとは・・・

ピラティスとは、ドイツ人であるジョセフ・ピラティス氏により考案された身体の鍛錬法であり、ココロとカラダを最適な状態に整えるエクササイズのうちの一つです。
身体のストレッチ、強化、バランスなど、体全体を向上させるようにデザインされている「全身運動」であり、ピラティスにより生まれる活力など、精神面への効果も期待することができます。

ピラティスの歴史

1883年頃に生まれたピラティス氏は、幼少の頃から非常に身体が弱く、喘息やリウマチ熱等に悩まされ続けていました。彼は自分自身の身体を強くするために、ボクシングや武術、体操、ヨガなど、多くの運動に取組み身体を鍛えて行きました。特に、精神的なものにも通じる東洋のメソッドにも、深い興味を持っていたと言われています。このような取組みから発展し、コントロロジー(現在のピラティス)が生まれて行きました。

第一次世界大戦時には、ピラティス氏は従軍看護士として負傷兵にリハビリを行っていました。ベッドに寝たままの状態でリハビリができる方法を考える中で、現在のマットピラティスのもとが誕生しました。また、ベッドを改造してより効果的にトレーニングする方法を考案し、現在のピラティスマシンのもとが誕生しました。安全で効果的なピラティスエクササイズには、このような背景があったのです。

1926年にはドイツからアメリカに渡り、自分の考案したエクササイズを広めるためにニューヨークにスタジオを開きました。徐々にダンサー達を中心に噂が広まり、素晴らしい結果を残して行きました。彼は、医学の世界にも積極的に取入れられることを強く望んでいました。ですが、当時はまだ、この機能的なエクササイズを公に受入れてもらうことが困難であり、「僕のメソッドは50年はやすぎた」と話していたと言います。

現在では動きのシステムとして体系的に行うピラティスは、エクササイズそのものとしての価値の他、プロスポーツやあらゆるリハビリの補助的役割として、大変効果的であることが証明されてきました。近年では、コアを効果的に安全に鍛えられる、また筋持久力の向上、怪我をしない身体作りなどに効果的であることから、各スポーツ界でも取り入れられています。

ピラティスの種類

● マットピラティス

ヨガマット一枚でどこでも取組むことができるピラティス。ピラティスでは、仰臥位のポーズからはじまり、「動き」に重点を置いていることから、より背骨を保護するためのクッション性を備えたピラティス専用のマットもあります。ピラティスの基本とも言われ、最初に考案されました。

● イクイップメントを使ったピラティス

ヨガマット一枚でどこでも取組むことができるピラティス。ピラティスでは、仰臥位のポーズからはじまり、「動き」に重点を置いていることから、より背骨を保護するためのクッション性を備えたピラティス専用のマットもあります。ピラティスの基本とも言われ、最初に考案されました。

・リフォーマー Reformer

リフォーマー Reformer

・トラピーズテーブル Trapeze

トラピーズテーブル Trapeze

・ペド・オー・プル Ped –O-Pull

・バレル、ラダーバレル、ベイビーアーク Barrel, Ladder Barrel, Baby Arc

・チェア Chair

・フットコレクター・トーエクササイザー Foot Corrector・Toe Exerciser

● プロップを使ったピラティス

どこでも気軽に取組めるのがマットピラティスです。ですがこのマットピラティスは、ピラティスの基本でありながら、全てを自分自身でコントローするする必要があるため、最も難しいとも言われています。そこで、様々なプロップ(補助具)が使われるようになりました。身体へのチャレンジを与えるだけではなく、身体へ新しい発見を導いたり、より優しく補助の役割を果たします。

・ピラティスサークル 他、ボール、セラバンド、シェイプローラー、など

ピラティスの効果

● カラダ

  • 引き締め効果:体の奥から引き締まった身体へ
  • パフォーマンスアップ:正しい身体の使い方が身につき、スポーツやダンス等の向上
  • 姿勢改善:背骨の柔軟性を高め、整った脊柱から美しい姿勢へ
  • リハビリ的役割:安全なポジションでの段階的な取組みにより、身体機能の改善
  • 肩こり:腹筋だけではなく、肩周りも含めた全身運動により、機能的にスッキリ
  • 呼吸機能の改善:呼吸そのものの改善と、姿勢改善による呼吸機能の向上

● ココロ

  • ストレス解消:ストレス社会と言われる現代、心と体を整えストレスの解消へ
  • 活力:全身の活性化、そしてより良い循環により活力が漲る身体へ
  • 自律神経の安定:深い呼吸、適切な動きにより神経系への良い効果も
  • リフレッシュ:「全身を血液がシャワーのように流れる(ジョセフ・ピラティス)」感覚でスッキリと